カードローン人気ランキング※学生でもOK!便利なカードローンは?※

学生でもOK!便利なカードローン

私は学生の時にカードローンを利用しました。

 

驚かれるかも知れませんが、金融会社によっては就学中の学生でもカードローンを申し込む事ができるんです。

 

 

 

私の場合は大学4年生の時に就職が決まったので、今まで貯めたアルバイト代とカードローンを使って、一人暮らしのための準備資金にしました。

 

私が申し込んだ会社は、20歳以上で一定の収入があれば、審査の後すぐにキャッシングができるという事でした。

 

学生の場合は運転免許証などの身分証明書に加えて、在籍している学校の学生証が必要になります。

 

何せ初めてのカードローンだったので緊張していましたが、受付の人も感じがいい女性でした。

 

「金融会社ってちょっと怖そうだな…」と思っていたのですが、印象はかなりよかったです。

 

 

 

そして審査が無事に終わり、無事に現金を受け取る事ができました。

 

やはり学生の身分でまとまった現金を用意するのは難しいので、こういったカードローンはとても便利だと思います。

 

それに最初の一カ月は無利息期間となったので、返済計画も余裕をもって組む事ができました。

 

また、学生だからといって保護者同伴で来店する必要はありません。

 

あまり親に知られたくない…という学生さんでも、プライバシーはしっかり守ってくれますよ。

カードローンの審査条件

 

銀行のカードローンに申し込みを行う時には、年齢制限があることも知っておく必要があります。

 

 

 

まず銀行のカードローンでは、20歳を超えないと原則申し込むことはできません。

 

20歳以下の方では、仕事を行っていても審査に落ちてしまいますので、20歳を超えてから利用してみるとよいですよ。

 

 

 

また、審査に申し込む際には、年収についても一定の条件を満たしている必要があります。

 

あまりにも年収が低い場合、お金を借りても返済することが難しくなってしまいますね。

 

返済の点を考えても、返済できるだけの経済力があることも求められるのです。

 

 

 

このように、カードローンでは申込みの際に様々な条件を満たしている必要があるのです。

 

この条件については、銀行ごとに違ってきますので、審査に申し込みを行う前に確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

さらに一番重要になりますが、審査には本人しか申し込むことはできません。

 

本人の代わりに他人が申し込みを行っても、審査には落ちてしまいますし、何より他人になりすまして申し込みを行うことは犯罪になります。

 

 

 

審査には、必ず本人が申し込むことと、名義貸しなど違法な行為は慎むようにしましょう。

 

 

 

カードローンへの申し込みを検討したときには、これらの点についても併せて学んでおくとよいです。

カードローンを上手に使う

 

お金などを借りる場合などには、普通であれば担保などが必要になっていましたがカードローンであれば無担保などで借りる事が可能になっていきます。

 

カードローンの場合には、審査がありその審査に通りさえすればかりることができます。

 

また使う物が自由になっていきますので自分が使いたいものに使うことが可能になっていきます。

 

まずは審査にとおるには一定の安定した収入や会社に勤めていくという事が大切になってきます。

 

勤続年数などもかかわってきます。カードローンの上手な使い方としては、一定期間でも無利子になるものをつかっていくことが大切になってきます。

 

たとえば給料日前などにどうしてもお金が必要になったときなどに使えば無利子なので給料日にそのままお金をかえせばよいので損をすることはなくなります。またカードローンの場合には、限度額内であれば何度でもかりることができますので使いたいときに気軽に使用することが可能になっていきます。

 

このことからも、いつでも引き出す事が可能になっていますので必要でない場合でもさきにつくっておけば何かあった場合にすぐに借りる事ができ非常に便利なものになっていきます。使い方を考えればとても良い物です。

高齢者でもカードローンは利用できる?

 

定年退職を迎え年金生活を送っている方にとって、冠婚葬祭が重なったり急な入院などで費用が掛かってしまった場合は一時的にお金が足りないという事態に陥ってしまう可能性も少なくありません。

 

そうした場合にカードローンを利用したいと考える方もいらっしゃるかと思いますが、高齢者はカードローンの利用が制限されてしまうケースもあるため注意が必要です。

 

 

 

・年金は収入とみなされるか

 

カードローンの利用は原則として、前年度の収入の3分の1までしか利用できないことになっています。では、年金は収入として認められるのでしょうか?

 

これは、カードローンを提供している会社によって異なります。そのため、事前に年金も収入とみなすカードローン会社をチェックしておくことでいざという時、すぐに行動に移すことができます。

 

 

 

・年齢はいくつまで利用可能か

 

カードローンのもう1つの注意点として年齢による制限が挙げられます。各カードローン会社は一定の年齢以上の方に対して利用を制限していますので、どの会社がいくつまで利用を認めているのか知っておくことも重要です。

 

一般的には65歳未満を限度としているカードローン会社が多いですが、消費者金融系は69歳未満までとしているところもあるため65歳を越えているからといってすぐに諦める必要はありません。

緊急の出費にカードローン

 

最近ニュースでボーナスアップという言葉をたまに聞きますが、一部が景気が良くなっても大抵の会社は不景気のままなので、経済的に苦しい人、家庭が多いです。

 

少ない給料でやりくりしている人にとって、緊急の出費というのはとても厳しいもので、大抵はそういう出費の為にお金を分けているものですが、それでも足りない、というときにオススメなのがカードローンです。

 

カードローンは金融機関から借金をする、ということで余り良くないイメージを持つ人もいますが、カードローンで借りられる金額は年収の3分の1と決まっているので、借り過ぎてしまう、ということも防げますし、1日ごとに金利が上がっていくと言う物ではないので、安心して使うことが出来ます。

 

カードローンを利用できるのは、アコムやプロミスなどの消費者金融、大手銀行、地方銀行など、金融機関であれば何処ででも利用できますが、審査がありますので、その審査に通らないと利用することはできません。

 

審査が優しいのは消費者金融ですが、金利が高いので返済額は多めになります。

 

消費者金融と銀行機関ではどちらともメリット・デメリットがありますので、良く調べた上で利用し、返済できる金額のみ借りるようにしてください。